ユーコン・アラスカ ゴールデンサークル 4日目 再びユーコンへ

アラスカの港町、ヘインズの朝を迎えました。曇っていたものの、新鮮な空気と港を見下ろす気持ちよい朝です。

IMG_0413

 

ユーコンに向かう前にまずはヘインズ周辺の観光へ。昨晩は暗かったので素通りした街の入口の標識も撮影。

IMG_0423

その後、チルクート湖に向かってドライブ。の途中にグリズリー3頭と遭遇!通ったあとにはサーモンの残骸が!野生が近くにあることを改めた感じました。

IMG_0425

 

そしてこのエリアはサーモンの遡上が多いエリア。本日の時点で86,700匹ものサーモンが通過しているようです。

 

 

 

 

IMG_0431

 

アラスカに別れを告げてヘインズジャンクションに向けて出発。途中、国境を越えてカナダへ再入国。

その後、ヘインズハイウェイを北上しながらぐんぐんと標高を上げていくと、ツンドラの紅葉が広がって来ました。

 

IMG_0452

 

ヘインズハイウェイの最高地点1070mを通過。

 

 

IMG_0453

 

あいにく雨がぱらついていたものの、素晴らしい紅葉に囲まれた道をドライブしてヘインズジャンクションへ。

 

 

 

 

IMG_0463

 

途中、先住民が集まる場所に立ち寄り、サーモンの遡上を探してみると、、、

 

 

 

 

 

IMG_0471

 

頭部以外を真っ赤に染めた紅鮭が遡上する様子が見られました。長い場所では3000kmもの距離を遡上するそうです。

IMG_0472

夕刻、ヘインズジャンクションに到着。明日はこの町を拠点に世界遺産・クルアニ国立公園のハイキングを楽しみます。

IMG_0475

 

 

神﨑 裕一

カテゴリー: カナダ, 未分類 | コメントをどうぞ

ユーコン・アラスカ ゴールデンサークル 3日目 アラスカへ

皆様こんにちは。アラスカへ到着した3日目の様子をお伝えします。

まずはホワイトホース郊外のフィッシュレイクのハイキングへ。こんな感じの湖畔の丘に登るハイキングです。

IMG_0212

アスペンなどの黄葉を眺めながらゆっくりと林の中を登ります。

IMG_0217

足元にもこんな不思議な苔の一種や

IMG_0221

ベリー類がたくましく生育していました。

IMG_0224

しばらく登ると森林限界を超えて、湖を見下ろし周囲の黄葉が見えるようになってきました。

IMG_0243

こんな雄大な風景の中を歩いていただきました。

IMG_0255

稜線まで出ると、反対側の湖や新雪をまとった山々、そしてその山麓にはツンドラの紅葉、素晴らしい風景が広がります。

IMG_0288

こんな広がりのある紅葉の眺めがザ・ユーコン!といった秋の風景です。皆様も稜線に到着した途端、感動の声を上げていました。IMG_0300

その後、アラスカを目指して出発!途中、カークロス砂漠の向こうに広がる黄葉や

IMG_0332

カークロス郊外の美しいベネット湖畔での写真タイムを経て、港町のスキャグウェイを目指します。

IMG_0341

国境にはアラスカへようこそ!の看板

IMG_0345

本日はスキャグウェイから車ごとフェリーに乗り込み、同じくアラスカ州のヘインズまで1時間の船旅です。

IMG_0367

 

船内はこのようなラウンジや宿泊者向けの船室があります。中には冷たい風が吹き付けるのにデッキでハンモックを張るツワモノの姿も。。。

IMG_0371

船上からは夕日に染まる山々が見えました。

IMG_0400

少し遅れたものの、ヘインズに無事到着。スキャグウェイはアラスカクルーズの船も寄港するので、観光客向けのお店が並びますが、ヘインズは本当にのどかな港町。

こちらに1泊して、明日はヘインズハイウェイを北へと走り、再びユーコンを目指します。

IMG_0408

 

 

神﨑 裕一

カテゴリー: カナダ | コメントをどうぞ

ユーコン・アラスカ ゴールデンサークル オーロラ2日目 

初日はあいにくの雨で、小屋での待機にて終了。。。しかし!

IMG_9961

2日目の今晩は、、、出ました!!オーロラですよ!!

IMG_0124

ティーピー(先住民のテント)も入れて。

IMG_0150

お客様も入れて。

IMG_0134 IMG_0207

天の川もきれいでした。

IMG_0193 - コピー

ホテルに戻る間際にこんなきれいなオーロラが。

IMG_0199

 

ご覧いただけて一安心。

明日は紅葉ハイキングをした後、フェリーを使いアラスカのヘインズへ向かいます。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ユーコン・アラスカゴールデンサークル 2日目

皆様、こんにちは。これから2週間にわたりカナダのユーコン準州とアラスカのハイキング&オーロラツアーの様子をお届けします。

昨日バンクーバーにて乗り継ぎ、ユーコン準州の州都ホワイトホースに到着。ユーコン準州はアラスカと国境を接していて、面積は日本の約1.3倍。そこにたった3万7千人の人と18万頭のカリブー!と5万頭!のムースとグリズリーやオオカミなどが暮らす、大自然の宝庫です。

本日は早速ホワイトパス&ユーコン鉄道にてアラスカへ。ということで車もアラスカとユーコンの2つのナンバープレートが。上は仁王立ちのグリズリーのアラスカ、下はゴールドラッシュ時代を表すユーコンです。

IMG_9983

州境を越えたブリティッシュコロンビア州のフレイザーから乗車、と思ったら、、、なんと土砂崩れで一旦運休・・・車にて国境を越えて港町スキャグウェイへ向かいました。

するとちょうど運転が再開されてアラスカからカナダに向かって鉄道に乗車。

IMG_0012

車内はこんな感じ。なんでみなさん片側に寄っているか?それはもちろん景色が良い方に座ってらっしゃいます。

IMG_0013

最初はこんな感じで針葉樹林帯を走り、

IMG_0023

視界が開けてくると新雪と氷河が付いた山々が見えてきます。

ゴールドラッシュ時代19世紀の終わりには家財道具を運んでこの峠や別の峠を越えて10万人もの人があつまってきたそうです。

IMG_0030

国境はこのようにアメリカ、アラスカ州、ブリティッシュコロンビア州、ユーコン準州、カナダの5つの旗が揺れます。

IMG_0043

午前中は雲が多かったものの、午後には青空が広がり、車窓の風景をお楽しみいただけました。

 

 

IMG_0046

フレイザーから車に戻った後も、黄葉や湖が美しい場所で写真を撮りながらホワイトホースへ戻りました。

IMG_0074

ただいまユーコン!

IMG_0078

ユーコン南部はこのような湖が点在します。

IMG_0081

こちらは黄葉を湖面に映すエメラルドレイク。

IMG_0086

 

天気回復で夜のオーロラ鑑賞にも期待が高まります。続きはのちほど。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: カナダ | コメントをどうぞ

ラーチバレーからセンティネルパス

8月13日(土) 快晴!

旅の最終日。
3日目、雨の為に一つもテンピークスの山が見ることが出来なかったので、今日はリベンジハイキング。
早朝にモレーンレイクに到着すると、真っ青な空に向かってそそり立つような岩山が。。。
「やっぱりもう一度戻って来て良かった!」
まだ記憶に残っている10コのつづら折りを登り切ると、カラマツの森にガラリと変わり、本日は更に上のバンフ国立公園内のハイキングで一番標高の高いセンティネルパス(2611m)まで行ってきました。
もう満足の一言です。

1

2

3

4

5

6

7

8

T.Kato

カテゴリー: カナダ | コメントをどうぞ

サンシャインメドウ

8月12日(金) 晴れ

高山植物の宝庫のサンシャインメドウ。
盛花の時期は過ぎましたが、アーニカやアズマギク、リンドウ、インディアンペイントブラシ、ウメバシソウなどがまだまだ私達の目を楽しませてくれました。
食べることに夢中なリス達や小動物を狙うハヤブサ、母子で散歩するミュールディア、道路に塩化ナトリウムを舐めに来るメスのビックホーンシープの群れなど。。。今日も沢山の動物達に出会えました。

IMG_4034

IMG_4072

IMG_4084

IMG_4087

T.Kato

カテゴリー: カナダ | コメントをどうぞ

ウイスラーマウンテン(ジャスパー)

8月11日(木) 晴れ

今日でツアーの後半に突入。
午前中はジャスパーの街を見下ろすウイスラー山にトラムウェイに乗って行ってきました。
山頂までの急坂を登りきると、360°の絶景。
下山途中には、氷河の流れに載ってきたであろう巨大な岩や、そこをねぐらに活動する愛らしいマーモットたち。。。
そしてバンフまでの長い道中、簡単な散策を取り入れた湖巡りを楽しみました。

IMG_3967

IMG_3998

IMG_4016

IMG_4031

T.Kato

カテゴリー: カナダ | コメントをどうぞ

Mt.Robson キニーレイク

8月10日(水) 曇り時々雨

本日は、カナディアンロッキー最高峰マウントロブソンの麓にある、キニーレイクまでのハイキング。
ロッキー山脈でも比較的暖かい西側に位置し、ロブソン川に沿ったほど良い湿気の感じられる低山帯の道は、昨日までのダイナミックな岩山に囲まれたトレイルとは違い、植生豊かな森の中を歩くコースです。
途中、今まで見られなかった赤杉やツガの松の木、沢山のコケやシダ、私の身長を超えるくらい育ったデビルズクラブ(ハリブキ)等が生き生きと息づいていました。

IMG_3945

IMG_3946

IMG_3952

IMG_3961

T.Kato

カテゴリー: カナダ | コメントをどうぞ

パーカーリッジ

8月9日(火)、曇り時々雨&晴れ(全天候)

レイクルイーズからジャスパーへの移動日。
カナディアンロッキーのゴールデンルート!アイスフィールドパークウェイを北上です。
観光の方に負けじと、見所のクロウフット氷河やボウレイク、ビックベンド展望台に立ち寄りながら写真撮影。
そしてメインのハイキングは、コロンビア大氷原から流れ出す氷河の中で一番長いサスカチュワン氷河を見下ろすパーカーリッジを歩きました。
絶景の丘でランチを食べた後、下山中に見たビックホーンシープのメスの群れがのんびりと草を食べている風景に心が和みました。
再び観光客に戻り、雪上車&スカイウォーク観光と、目一杯楽しんだ一日となりました。

IMG_3865

IMG_3875

IMG_3886

IMG_3899

T.Kato

カテゴリー: カナダ | コメントをどうぞ

ラーチバレー

8月8日(月) 小雨

2日目は、レイクルイーズで一番高いマウントテンプルの麓にあるモレーンレイクからラーチバレーへのハイキング。
朝は、無風の静かな湖面が周りの景色を映していましたが、3千m級のテンピークスの山々は霧のベールの向こうに。。。
モミやトウヒの松に覆われたトレイルを森林浴を楽しみながら登り、カラ松の群生する高山帯まで行ってきました。
食欲旺盛のリス達が、私達の存在を気にもせずグラウスベリーを頬張る姿がほほえましく、ついつい足を止めて見ていました。
少し早めの下山となりましたので、足を延ばしてヨーホー国立公園まで。。。
落差380mを誇るタカカウ滝は、轟音を轟かせながら落ち込んでくる水量で迫力満点でした。

1

3

4

カテゴリー: カナダ | コメントをどうぞ